パートナーシップ

【新婚の悩み】後悔しています・・

【新婚の悩み】後悔しています・・

あるご相談者さまのお話です。
私は、結婚して3ヶ月の新婚です。
主人は優しく、家事もしてくれ、賢く、頼りになります。また、収入も良く安定しています。
お互いに、インドア派なので、趣味もなく、お金の無駄遣いもしません。その点で、行動的ではないのですが、私から提案すれば、連れて行ってくれます。
しかし、男性として見ることができなくなり、将来を考えたとき、「この人の子供が欲しい」と思えなくなりました。キスもしたくありません。
プロポーズされたときは、「これ以上、結婚に適した人はいない。」と思い、結婚しましたが、好きな気持ちが薄れた中での結婚、そして、年齢を焦っての結婚でした。
子供がいないので、離婚という選択肢も少し考えはじめました。 きっと子供が出来ても、育児に協力的になってくれる人だと思いますが、どうしたら、良いでしょうか?
というご相談です。

新婚生活に悩む時の3つの解決ポイント

こちらの奥さまは、結婚したばかり。3ヶ月経った今、本当に結婚して良かったのか、振り返ってみて、後悔をされているご様子でした。
結婚をして、そんなに日数が経っていないので、まだ、「夫婦」としての実感が湧いていないようです。
ここで、大切なポイントが3つあります
1・ご主人の尊敬出来るところを見つける
2・恋愛と結婚を違うことを知る
3・離婚を視野に入れる
この3つとなります。

1・ご主人の尊敬出来るところを見つける

一緒に生活をしてみて、恋人からご主人に変わり、奥さまは、一気に生活感を感じたのではないでしょうか?
恋人同士では、感じていたラブラブの状態から、一緒にいる時間が長くなると、そのトキメキも薄れ、空気のように感じるかもしれません。
ただ、お話を聞いていると、ご主人の良いところは、たくさんあります。結婚相手としては、パーフェクトなくらいです。
・優しく、家事もしてくれる
・賢く、頼りになる
・収入も良く安定している
・お金の無駄遣いもしない
・私から提案すれば、連れて行ってくれる
これだけ、素晴らしいご主人です。
奥さまは、キスもしたくなく、男性として見れない・・おっしゃるのですが、最初の方で、
「賢く、頼りになる」
とおっしゃられていました。これが、男性にとって、最も大切なことではないでしょうか?
恋人同士のドキドキした感情は、約3年で薄れてしまいます。その3年経つまでに、どれだけご主人を尊敬し、愛を育むかで、3年後に来る倦怠期をどう乗り切るか、という事にも関わってくるのです。

ただ、まだ、新婚さんです。
結婚をして、1年程は、周囲の人から、「まだ、熱々だね〜。幸せだね!」と、言われる事が多いでしょう。
しかし、結婚してから、1年未満、というだけで、それまで、お付き合いをしてきた期間があるはずです。短い人もいれば、長い人もいます。
それぞれ、お互いの事を知っているのは、交際期間が長い人の方が、良いところも悪いところも、知っているかもしれません。
交際期間が短く、結婚したのが早い人の方が、恋愛をしていた頃とのギャップを感じ、離婚を考えたいという方も、多々、いらっしゃいます。
しかし、結婚生活は始まったばかりです。
・ご主人がギャンブルに依存している。
・ご主人が仕事をしない。
・ご主人が仕事が出来ない。
などと、生活自体に、問題があるのであれば、奥さまご自身に負担がかかってきますし、今後を考える必要があるかもしれません。しかし、生活自体に何の問題もなく、ご主人には、今の段階では、落ち度がありません。
もう少し、結婚生活を続けながら、ご主人を人として見つめ直す時期として、考えてみてはいかがでしょうか。

2・恋愛と結婚は、違うことを知る

しかしながら、こちらの奥さまは、今の生活に不満を抱えていらっしゃいます。それは、なぜでしょうか?
奥さまが、恋愛をしていた時の感情を求めているからです。
恋愛とは、
・お互い、いつでも会いたい。
・いつも一緒にいて、楽しい。
・帰り際がとても寂しくて、まだ、一緒にいたい・・と思う。
そんな気持ちを表しています。そして、
「この人とずっと一緒にいたい!」
そう思ったからこそ、結婚をするのですね。
しかし、いかがでしょう?
一緒にずっといて、それが当たり前になると、お互いが空気のような存在になります。
ある人にとっては、相手の悪いところばかり目がいき、
「何でこんな人と、結婚したのだろう?」
と、後悔をしてしまう方もいらっしゃいます。それが、ご相談に来られた奥さまです。
「結婚はゴールではなく、スタートである」
と、良く聞くフレーズですが、本当にそうではないでしょうか?
恋愛は、お互いの良い部分しか見えません。恋愛をしている間は、心理的には、良い部分しか見えない、都合の良い見方をしているのが人間の心理です。
例え、「あれ!?何か違う」と、頭では理解していても、「好き」という感情のフレームがかかっていて、自然と見ないようにしています。それが、恋愛をしている時の人の感情です。
結婚をすると、「この人と、ずっと一緒にいれる」という安心感が生まれます。
それは、男性も女性も同じで、安心感から、気持ちに余裕が出来て、余裕から、少しずつ周りが見えるようになり、その中で、ご主人の今まで見えなかった、また、これまで見ようとしていなかった、ご主人の欠陥が、目につくようになっていきます。
結婚をして、「もしかしたら、間違っていたのかな。」という感情は、自然に表れる感情であり、誰しもが感じる感情でもあるのです。
それがいつ感じるかは、人それぞれですが、こちらの奥さまは、結婚して3ヶ月した頃に、感じたようでした。
恋愛をしている時と、結婚をしているのとでは、全く環境が違い、お互いの責任感も変わります。ご主人は、奥さまを幸せにしたいと思って、結婚をしたはずです。
奥さまは感じていないかもしれませんが、その責任感は、ご主人にとって、とても大きなものです。
また、ご主人のお給料は、これまで世の中に貢献をしてきた、仕事の積み重ねであり、認められてきた証です。それだけのお給料をいただいている訳ですから、このご時世、そのような方と一緒になれた事は、とても素晴らしい事。
その部分に不安がない、というのは、生活を保障されている訳ですから、それだけでも、どれだけ幸せな事なのか、という事を、今の時期であれば、充分に感じるはずです。

3・離婚を視野に入れる

それでも、「やっぱり、この人とは生きていけない・・」と思うのでしたら、離婚という選択肢もあります。
私のところにご相談に来られる奥さまは、修復をしたいと来られる方も多くいらっしゃいますが、逆に、自分を押し殺して、無理をして、それでもご主人と一緒にいる事は、オススメ出来ません。
無理は、絶対に禁物です!
自分の本当の心を押し殺して生きていると、それがストレスとなり、身体にアレルギー反応が出たり、精神的に病んでしまったりと、必ず、どこかに支障が現れます。
それは、決してオススメ出来ません。最終的な目標は、
「ご相談者さまが、心から幸せに生きる事」
それが、本来の目標ですので、もし、「これ以上は耐えられない!」という気持ちが、どうしても抑えられないのでしたら、離婚という選択肢も視野に入れて良いでしょう。
その時に、周りからの声は、気にしない事です。
・まだ、結婚したばかりじゃない
・もうちょっと我慢したら?
・良い旦那さんなのに・・
そのような否定的な事を言われるかもしれませんが、結婚している本人にしか、今の悩みは、理解出来ませんし、周りの人が、色々言ったとしても、その人が責任を取ってくれる訳でもありません。
一番大切なのは、自分自身です!自分の心に素直になる事が、ゆくゆくは、周りの人も幸せにするのですね。

まとめ
【新婚生活に悩んだ時の3つの解決ポイント】
1・ご主人の尊敬出来るところを見つける。
2・恋愛と結婚は、違う事を知る
3・離婚を視野に入れる。

期間限定【無料タロット占い】をプレゼント中

現在、LINEにお友達登録していただくと、タロット占い(1枚引き)を10分間無料でプレゼントしています♪
気になるお悩みやご相談を、お一つお伝えいただくと、24時間以内に、ご返信をさせていただきます。
お友達登録は、下記をクリックしてくださいね♪
↓ ↓ ↓
友だち追加
ID検索:@amamiya_yuwa

メニュー

ご予約・お問合せはこちらから